無料・音楽再生ソフトのランキング1番は? Windows 2018年版   


2018年初夏
2017年に続き、私的に音楽再生ソフトNo.1を決めてみました。

No.1は、やはり前年に続きTuneBrowserですね。

前年の9つの音楽再生ソフトの他に、いくつか試してみました。が
古くて更新がなく、モニター画面も?(Spider Player )。Windows10に未対応(Exact Audio Copy)。純PCオーディオでない感じで、無料ソフトなのに登録画面が多すぎで、途中で中止した(Hysolid)。いい音らしいですが完全有料な(Audirvana Plus)。
などは、パソコンにインストールしませんでした。

唯一、(Music Center for PC)SONYのMedia Goの新バージョンをインストールしてみました。

Music Center for PC
b0337889_22580494.jpg
  
b0337889_00140708.jpg

このソフトは、MP3・FLAC・WAV のCD取り込みにも対応しています。
音楽再生としては、ASIO、WASAPIに対応しており、24bit、192000Hz、音声出力も出来ますよ。
聴いた感じでは、はっきりとした、切れの良い音を出しているように思います。
音は、好みによるでしょうね、フォルダで大量の音楽管理している者にとっては、少し扱いにくいですね。

音声出力に関しましては、88200Hz程度に上げるにとどめた方がいいように思います。TuneBrowserでもそうなのですが、パソコンのスペックにもよると思いますが、上げすぎると、音が不安定になることがありますよ。
上げたからといって、音の変化は、ほとんど、いやまったく感じません。DACの数字の変化で、良いようには感じますが・・・??。


AIMP4
b0337889_00020856.jpg
   
b0337889_00123792.jpg
   
1枚のCDから取り込んだ10数曲の中から、自分好みの曲を選ぶ時に使っています。
音楽の波形グラフを見ていると、曲のイメージが分かりやすいです。


TuneBrowser  今現在、私的に、音楽再生ソフトNo.1 は、やはりTuneBrowserだと思います。
b0337889_00115697.jpg
   
b0337889_00262235.jpg
音の好みが合っています。他のソフトを聴いて、TuneBrowserに切り替えた時、まろやかな余韻があると感じます。
画面が綺麗で分かりやすい、曲間の無音設定も出来ます(3秒に設定しています)。ジャケットの取り込みも簡単に出来ます。
日々新しくバージョンアップされています。ただ、多くの人の要望を聞きすぎて、ソフトが重くならないか心配するほどです。
何はともあれ、2018年 無料・音楽ソフト No.1 は、TuneBrowser だと私的には思います。
(※ Tune Browser は、登録数500曲を超えると有料(¥1,620)になります。約8,000曲入れてますが十分その値打ちはありますよ)








[PR]

# by he-hitorigoto | 2018-05-19 01:08 | PCオーディオの話

スピーカーのエッジと寿命   

そろそろスピーカーを変えるか、追加購入しようかと、スピーカーのカタログを見ていたのですが、スピーカーには、電気系統の破損以外に、エッジによる寿命があるようです。
エッジの素材には、ウレタン、ラバー、クロス、セーム皮、等の種類があるのですが、ウレタンは8年程度(修理材料の保存期間)しか持たないと、ネットには書いてあります。特に日本のような湿度の高いところでは長く持たないようですよ。
ところが、カタログにはエッジの素材が、ほとんど書いてありません。
タンノイとJBLのスタジオモニターには記述がありますすが、その他のスピーカーメーカーには、ほとんど記述がありません。
たぶん、整形しやすいウレタンエッジが多いんでしょうね。

私の使っている2種のうち、約40年使ってるdinacoのスピーカーは、ラバー(ゴム)のエッジですが、堅くなったり、破けたりしない限り使えそうです、現在もいい音で聴かせてくれますよ。

b0337889_21112403.jpg
好みの音で長く音楽を聴くために。
スピーカーメーカーには、エッジの素材を明記してほしいもんですね。


追伸  このブログを書いた後、オーディオ専門店に行って、年配の店員さんに聞いたのですが、最近のスピーカーエッジは、ウレタンが少なくなってるとのことです。しかし、スピーカー選びの参考に、素材は明記してほしいですね。







[PR]

# by he-hitorigoto | 2018-05-01 21:19 | PCオーディオの話

PCオーディオの話ではないのですが・・・・   



35年ほど物置に眠っていたレコード80枚、久し振りに出してきました。
聴くにはレコードプレーヤー、さっそくヨドバシカメラで、昔のレコードを軽く聴くつもりで、安いデノンのプレーヤーを買い求めました。

まず、昔の喫茶店の雰囲気を味わうのに、レコードプレーヤーの横に手作りのレコード立てを置きました。
b0337889_19034851.jpg
テーブルにはコーヒーを入れて、準備は整いました。
b0337889_19035462.jpg

デノンのレコードプレーヤーは、思った以上にレコードの回転ノイズや雑音もなく、いい感じに聴かせてくれます。
中島みゆきさんも、柔らかく聴かせてくれますね。
b0337889_19033716.jpg

PCオーディオでは、デジタルによる音の分離は大変優れていますが、レコードのようにアナログ音は、ステレオには聞こえるのですが、各楽器の分離は、ハッキリしません。
しかし、低音はややぼやけるものの圧倒的な力強さや迫力があります。中高音は、何となく暖かみのある音に聞こえますよ。

このレコードプレーヤーは、デジタル変換機能が付いているのですが、心地よいレコード音楽を聴ため、デジタル変換は、しばらくやめておこうと思っています。




[PR]

# by he-hitorigoto | 2018-04-14 15:26 | PCオーディオの話

古いスピーカーを手直ししました   

40数年使ったDYNACOのスピーカーを、手直ししました。

b0337889_20582513.jpg
スピーカーのサランネットを取ると、意外とスピーカーエッジは柔らかく、ウーファーは手で押しても良く動きます。
あくまで自己責任ですが、
エッジにはネットで、HONDAのブレーキフルードを塗ると蘇ると出ていたので、さっそく塗ってみました。(小さなお皿に少しで十分)ほとんど残りました。
スピーカーボックスも傷が多かったので、透明ツヤ消し黒の塗料を塗りました。
(塗料が乾くまで約1週間かかりました)

b0337889_20584145.jpg
スピーカーサランネットも、ホームセンターで買ってきた柔らかい杉の木で、木枠を作って、新しくサランネットを張り作りました。(普通にホチキスで止めました)意外と簡単に綺麗に張れましたよ。
総費用は、ブレーキフルード・筆・塗料・ハケ・インクジェット用シール・サランネット木枠・木工ボンド・マジックテープ(外れるのを防ぐため裏に貼りました)・サランネット生地、合計¥7,500でした。

b0337889_20584609.jpg
出来上がり(上のスピーカー画像)
JBLのようにdynacoのロゴマークを付けてみました。(下画像)

b0337889_19490864.jpg
さっそくスピーカーにコードをつなぎ、音を出してみますと、25cmウーファーは、幾分か中低音がしっかり、ハッキリ、元気になったように思いますよ。
これは、古いスピーカーでしたので、壊れるのを覚悟で、自己責任の世界でした。

追伸 スピーカーを手直して、約3週間、明らかに音質が上がりました。

PC(Intel i5、メモリー16G、音楽再生ソフトTuneBrowser)→DAC→アンプ→スピーカーとつないで。スピーカーの手直し以外は、スピーカーが傷つかないように、石の台の上にインシュレーター代わりに固めのゴムを張りました。
b0337889_22031656.jpg
また、スピーカーにコードを取り付けにくかったので、Y端子を付けました。
b0337889_22493126.jpg
中高音は、透明感が増し、弦楽器が綺麗な音を奏でています、低音は、切れの良いドラム・ベースを響かせて、厚みが増しました。音質が上がったのは、何が良かったのかはわかりません。
新しいスピーカー、アンプが欲しい病が、少しの間我慢できそうですよ。




[PR]

# by he-hitorigoto | 2018-01-31 21:48 | PCオーディオの話

TuneBrawser + AL-38432DS(USB-DAC) (PCオーディオ その9)   



これまでUSB-DACは、HP-A4(FOSTEX)、AL-9628D(アムレック)を使っていたのですが、AL-9628Dを息子に渡したので、 AL-38432DS(アムレック)を買い入れました。
AL-38432DSは、他の2機種より、音の厚み、音の幅、楽器の分離、などが増したように思いますよ。
また、CDの録音の良し悪しもよく分かります。今、華原朋美さんの゙I BELIEV゛を聴きながら書いていますが、彼女の歌のうまさ、声の好いのが、よく伝わってきます。
b0337889_11384773.jpg
TuneBrowserとAL-38432DSの相性は、大変良いように思います。
高価なアンプやスピーカーを使っているのではないのですが、十分に聞き入ってしまいます。今のところスピーカーは、2機種使用しています。
b0337889_11584290.jpg

TuneBrowserは、これまで試した音楽再生ソフトでは、個人的には一番良い音楽再生ソフトだと思います。
PCオーディオだと、音楽を聴きながら、モニターも時々見ますが、CDジャケットも綺麗に映し出してくれます。
無印のCDジャケットもネットから探したり、自分の撮った写真等も入れることが出来ますよ。
画像を多く入れると「音に影響する」と言われることもあるようですが、全く感じられませんよ。
b0337889_11292403.jpg
数100曲入ったフォルダに数曲追加した時、データの更新でほとんど入れ替わるのですが、時々、うまくいかずフォルダを入れ直したりすることがあります。(再起動でなく、一旦パソコンを切って、スイッチを入れると、うまく曲が加わります)
とにかく、今のところ、音質が好く、画面が綺麗、日本語で分かりやすく、使いかっての良い、TuneBrowserは、個人的には一番良い音楽再生ソフトではないかと思います。



[PR]

# by he-hitorigoto | 2017-08-11 13:20

無料・音楽再生ソフトのランキング1番は?(PCオーディオ その8)   

2017年夏
パソコン・オーディオ、Windows10でこれまでに、試してみた無料音楽再生ソフトは、次の9つです。
ただし、Tune Browserは、完全無料ではありません、500曲を超えると有料(¥1,620)になります。

b0337889_18363492.png

簡単に私的に批評しますと
b0337889_12484458.jpg
・Windows Media Player   
Windows95から使っている、CDのWAV、Mp3の取り込みに使っている。
   音質的には、雑な感じに聞こえる。高音が耳に刺さる。

b0337889_12541087.jpg
・Groove ミュージック     
Windows10に付いてきた音楽再生ソフト、
   Windows Media Player より使いにくい。

b0337889_12484494.jpg
・Media Go           
FLACの取り込みに使っている。SONY(ウオークマン)と連動。
   CDジャケットで残るので数百枚から曲を選ぶのが大変。

b0337889_12484320.jpg
・Foobar2000          
音に関しての評判が良い、多く使われているようですね。
    英語表記の為、設定が分かりにくい、低音が少しぼやけるように思う。

b0337889_12484319.jpg
・Bughead Emperor      
クラシック音楽は、いい音で鳴らしてくれる。
    設定が分かりにくい、音が鳴るまでに時間がかかる。

b0337889_12484324.jpg
・Fostex Audio Player     
聴きたい曲のみをすぐに聴ける、まあ良い音。
    PCモニター的には、単純で、面白味がない。

b0337889_12484413.jpg
・MusicBee          
フォルダから曲が選びやすい、聴きたい曲だけを簡単に選び出せる。
    PCモニター的には、画面が色気がない。(PCオーディオその6参考)

b0337889_12484498.jpg
・Tune Browser        
音質は好い、画面も洗練されていて良い。
    曲の多いフォルダを入れると(フォルダ内の変更したファイル名がでない為)聴きたい曲が選びにくい。

b0337889_12484316.jpg
・AIMP4             
音質は良い、画面もいろいろ選べる。
    サンプリング周波数が自動で変わらない?(PCオーディオその7参考)

選ぶ基準として、DACと連動して、ASIO,WASAPIの設定が出来る。ReplayGain(音量を一定にする)が出来る。
パソコンに映し出された画面が、綺麗で、音量グラフ、音の周波数、等が分かりやすいこと。
音質が良く、好みに合っている。操作がしやすい、取り扱いやすく、日本語で分かりやすいこと。
以上のことを考慮して選ぶと、MusicBee、Tune Browser、AIMP4、この3つの中から選ぶことになるでしょうか。
b0337889_14421334.png
この3つのソフトは、ASIO・WASAPIの設定ができます、ReplayGain(音量を一定にする)も出来ますよ。
画面の美しさでは、Tune Browser、AIMP4、MusicBee の順でしょうか。Tune Browserは、音の周波数が分かりやすいですよ。

画面の操作では、MusicBee、AIMP4、Tune Browser の順です。
MusicBeeは、パソコン全体から選べます。AIMP4は、音楽ファイルを入れるだけ。Tune Browserは、新しくフォルダに曲を追加するとファイルを入れ直さないといけません。

音質では、MusicBeeは、ナイフで切ったような音の輪郭がハッキリした音。AIMP4は、やや中高音寄りの良い音。Tune Browserは、低音から高音までバランスのとれた好い音。

おもにFLACでパソコンに取り入れてるので、サンプリング周波数を上げた方が、高音質になります。(?)
Tune Browserは、ASIO・WASAPIで変更できます、AIMP4は、ASIOで変更できます。MusicBeeは、両方で設定は少ないですがいくつか変更できます。
パソコンの性能や、付属の機器(DAC)によっては、ハイレゾ並みに上げることもできますよ。

現時点では、音の好みにもよると思うのですが、私的には、1番-Tune Browser、 2番-AIMP4、 3番-MusicBee
総合点で、Tune Browser。低音から高音まで、バランス良く澄んだ音で鳴らしてくれます。
b0337889_15115480.png

今のところ、時に応じて、Tune Browser、AIMP4、MusicBeeの3つのソフトを使って、
FLACの音楽ファイル44.1KHzを88.2KHzに上げて聴いています。
詳しく聴き込んで、また後日、報告します。

※ 2018年版 windows 無料・音楽再生ソフトのランキング1番は? に続きます
※ Tune Browserにつきましては、十分内容を把握していませんので、間違った記述があれば、お許し下さい。






[PR]

# by he-hitorigoto | 2017-06-18 23:29 | PCオーディオの話

PCオーディオ (その7)音楽再生ソフト AIMP4   

AIMP4 を試してみました
最初の画面は、シンプルな画面です。
音質は味付けのない忠実な音、全体にしっかりとした、いい音だと思いますよ。
音楽フォルダを入れやすいです。
b0337889_18341053.jpg
簡単にスキンが変更できますよ、PCオーディオは、見た目や、音の高低が分かりやすい方がいいですよね。
b0337889_18341818.jpg
b0337889_18530680.jpg
ネットでスキンをいろいろ選べますよ。

音の設定は、ASIO ,WASAPIの設定ができます。ASIO設定の方が、いい音が出ているように思います。
Tune Browserもそうですが、サンプリング周波数を変更もできます、FLAC(44.1KHz)を88.2KHzに上げたりできます。パソコンの性能に合わせてハイレゾ並みに上げることもできますよ。

次回は、これまで視聴してきた、音楽再生ソフトの中から最強ソフトを選んでみたいと思います。




[PR]

# by he-hitorigoto | 2017-06-12 22:53 | PCオーディオの話

音楽再生ソフトは何がよい。No3 PCオーディオ(その6)   

MusicBee
最近、日経PC21を見ていて音楽再生ソフト、MusicBeeの記事が載っていました。
多機能で、高音質だそうなので、さっそく試してみました。
ASIOもWASAPIも設定できるようですね、CDのリッピングもできます、歌詞も出るように設定できるようですよ。
b0337889_11573901.jpg
PCモニターに映し出された画面は、少し色気がない、音量レベルメーターも右上に小さく出るだけ、音量の参考になりません。
音質ですが、聴き始めは、切れ味の良いハッキリとした音、音質の好みにもよりますが、MusicBeeを聴いて、直後にTune Browserを聴くと、Tune Browserの方がなめらかで、私的には好みに合ってるように思いますよ。

Bughead emporor(ウイルスバスターに引っかかるところあり)を消して MusicBeeを一応残すことにします。
今のところ、Tune Browserは、毎月のようにアップデートして、使いやすくしているようですので、
音楽再生ソフトは、Tune Browserを主にして音楽を聴いています。



[PR]

# by he-hitorigoto | 2017-05-03 12:32 | PCオーディオの話

MP3・FLAC・WAV・DSD128   

Windows95の時、HDDの容量が小さかったのでMP3(128kbps)で音楽をCDからダウンロードしていました
今は、HDDの容量も大きくなったので、MP3(320kbps)とFLACで残しています
各音楽ファイルのフォーマットに、どんな違いがあるか?考えてみました。

中島みゆきさんの5分54秒の曲の容量は、
MP3(128kbps)     5,550kb
MP3(320kbps)     13.894kb
FLAC           33.757kb
WAV           61.144kb
DSD128(5.6MHz)   489.143kb
DSDファイルの容量が多いですね、CDだと1曲、DVDでも8曲程しか入りません。

音質の違いを、聞き比べてみますと、
MP3(128kbps) 対 MP3(320kbps)以上では、MP3(320kbps)以上が高音の伸びや、艶があるように思います
よく聴くと、音質に差があるのが分かります。
MP3(320kbps)以上では、音質の差は、分からないです
DACのランプによって、フォーマットを識別して、耳より目で見て良い音のように感じるのが正解ですね。
b0337889_13311254.jpg
FLAC以上では、音量・レベルメーター・バーの再生周波数帯域(黄色の右端バー)20kHzが時々上がります。

最近、DSD(ハイレゾリューション)が、聞き分けできるかが、2ch等で、論争されていますが、
目をつぶって聴いていても、ほぼ分かりません。かえって音量によっては、MP3(320kbps)を聴いてDSD128(5.6MHz)の音量が小さい時、MP3(320kbps)の方が、元気に聞こえますよ(^^;)

最近は、MP3(320kbps)で残したり聴くことが多かったのですが、見た目で、FLACに切り替えつつあります。





[PR]

# by he-hitorigoto | 2017-01-07 14:02 | PCオーディオの話

TuneBrowser(音楽再生ソフト)   

最近は、パソコンを覗いたりしている時は、TuneBrowser(音楽再生ソフト)を使って
音楽を聴くことが多くなりました。
使いやすい、内容がよく分かる、それに好い音を出してくれますよ。
b0337889_18261876.jpg

MP3(320kbps)でも良い音が出ます。CDの音と聞き分けができません。
サンプリング周波数は44.1kHzになってます。
b0337889_18261725.jpg


DSD128も鳴らしてくれますよ
b0337889_18261781.jpg
少し繊細な音になったような気がします。
b0337889_18261757.jpg
スピーカーをいくつか使っていますが、切り替えを簡単に行えます。
上画面、スピーカーをつないでるドライバーを切り替えるだけです。

これからも、TuneBrowser(音楽再生ソフト)を使うことが多くなりそうですよ。





[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-12-14 21:39 | PCオーディオの話

君の名は。   

先日、久しぶりに映画を見に行ってきました。「君の名は。」
少し遅れていって、予告編が終るころ、席に着いたらちょうど本編が始まり、ビックリ! 爆音!!
大音量に慣れるのに5分程、音に気をとられていました。

話題作だけあって内容に引きつけられ、面白かったですよ。
b0337889_18275325.jpg

「君の名は。」ポスターより

10年ぶりに行った映画館の変わりようにもビックリ、席が指定で、ゆったりしていて、くつろげましたよ。
[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-12-06 18:36 | つぶやき

音楽再生ソフトは何がよい。No2(2/2) PCオーディオ(その5)   

音楽再生ソフトは何がよい。No2(1~2)

4.Bug head emporor
5.Tune Browser
6.FOSTEX Audio Player

あくまで、私的感想ですので、ご自身で試してみてください。

4.Bug head emporor
b0337889_113546100.jpg

この音楽再生ソフトは、大半が英語で、設定等よく分からないのですが、インストールしたら、
High class professional 設定になってました。たぶんパソコンのメモリーが16Gだったからだと思いますよ、CPUはIntel Core i 5 です。
Bug head empororで聴いた音質は、素晴らしい、音が明瞭、楽器の分離もよく分かります。私は、演歌からクラシックまでいろんなジャンルを聴きますが、特にクラシック(交響曲)は、パソコン・オーディオでは、これほど明瞭に聴かせてくれたのは初めてです。
ただ、英語の苦手な小生は、再生プレーヤー画面を含めすべて英語、filesで曲を選んで、PLAYでスタートこれ以外は、ほぼ分かりません。そして、曲を選んで再生プレーヤー画面に放り込むと少しの時間待たされます、PLAYでスタートしても15秒程待たされます。しかし、このソフトの音質を聴くと、捨てがたいですね。
b0337889_125473.jpg

Bug head と一緒に付いてきたRewrite dataこれは音質をよくするソフトのようですが、よく分かりません、少しの曲を試してみたのですが、変化が私のオーディオセットでは、よく分かりませんでした。もっと日本語解説が増えればいいのですが。

5.Tune Browser
b0337889_12281817.jpg

この音楽再生ソフトは、再生プレーヤー画面を含め、ほぼ日本語、好感が持てますね。
音質も、上位に来ると思いますよ。低音から高音までバランスよく聴かせてくれます。
Mp3、FLAC、WEV、DSD128(5.6MHz) パソコンに入れてる曲は、全て鳴らしてくれます。
DACのドライバーとつながって音楽を出力してるみたいですね。
TuneBrowserの設定で、曲間の静音部分の秒間を自由に設定できます。
曲数が、数千曲ある為、(1ヶ月を過ぎると500曲以上記憶できない)
最近、Full Editionに変えました、\1,620でした。その価値は十分にあると思いますよ。
まだまだ発展途上な感じですので、長く付き合っていきたいですね。

6.FOSTEX Audio Player
b0337889_135898.jpg

Fostex HP-A4 に付随してダウンロードしたソフト。
再生プレーヤー画面は、非常にシンプル、聴きたい曲だけを、放り込めばすぐに聴けますよ。
この再生ソフトは、HP-A4と相まって、CDの曲を忠実に再生しているように思います。
透明感のある音を出していると思います。

4.Bug head emporor
5.Tune Browser
6.FOSTEX Audio Player
この3つの音楽再生ソフトを、状況に応じて、今のところ使っていきたいと思っています。
日本語で、使いやすく、高音質な再生ソフトが、出てくることを願いながら。

[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-10-23 13:35 | PCオーディオの話

音楽再生ソフトは何がよい。No1(1~2) PCオーディオ(その4)   

音楽再生ソフトは何がよい。No1(1~2)

パソコンでは、音楽再生ソフトが重要になります。
音質にこだわると、いろいろとこだわってみたくなりますね。
これまでに使った音楽再生ソフトを検証してみます。

経験した音楽再生ソフトは、次の6つ
1.Windows Media Player(Win10ではGroove ミュージック)
2.Media Go (ポータブル・オーディオで使用)
3.foobar 2000
4.Bug head emporor
5.Tune Browser
6.FOSTEX Audio Player
以上の6点です

ここから先は、私的感想ですので、ご自身で試してみてください。

1.Windows Media Player(Win10ではGroove ミュージック)
b0337889_19481758.jpg
Windows95より長年使ってきた音楽再生ソフト使いやすく、日本語でNetでも多く解説もありわかりやすい、
音質的には、普通、他のソフトと比較すると、全体にぼやけた感じ(ノイズが入ってるわけじゃないですよ)細かく繊細な感じがないように思いますよ。

2.Media Go (ポータブル・オーディオで使用)
b0337889_20234012.jpg

無難な音、全体にクリアで十分に聞かせてくれますよ。
しかし、1時間ほど音楽を聴こうと思っても、多くの設定してある曲から選ぶのが大変。

3.foobar 2000
b0337889_20292592.jpg

b0337889_2029447.jpg

上写真は、アムレック製AL-9628D、コストパーフォマンスのいいUSB-DACです。
アムレックが推奨する、foobar 2000、詳しくインストールの仕方を解説した説明書が付いています。インストールして聴いてみたのですが、低音部がぼやけた感じ、たぶん設定が十分ではなかったと思われます。英語が苦手な小生としましては、引いてしまいます。

4.Bug head emporor
5.Tune Browser
6.FOSTEX Audio Player
この3つは、次回とさせていただきます

[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-10-20 20:57 | PCオーディオの話

PCオーディオ(その3)   


b0337889_1725634.jpg

息子の結婚で空いた部屋を、私専用のパソコン・オーディオルームにしました。(*^_^*)
パソコンは、プレゼントしてもらった、MOUSE製のWindows10パソコン。
左右スピーカーは、下段にDynaco(A-25X)、上段はJBL(STUDIO 230 )
JBL(STUDIO 230 )は、まだ慣らし運転中です。
Dynaco(A-25X)は、ヨーロッパ系の透明感ある澄んだ音を奏でています。
JBL(STUDIO 230 )は、アメリカ系で、低音から高音までバランスよく元気な音を鳴らします。
どちらのスピーカーも、高価なスピーカーではないですが、十分音楽を楽しませてくれますよ。
[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-10-17 18:56 | PCオーディオの話

PCオーディオ(その2)   

45年前、初任給約3万数千円の時代に、15万程で、Dynaco(A-25X)のスピーカー、パイオニアのレコードプレーヤー、SONYのアンプを買いました。
その後、レコードプレーヤー、アンプは壊れ、A-25Xは押し入れで眠ることに。
25年前にふと紅白歌合戦をDynaco(A-25X)で聞きたくなり、DENONのアンプを買って、テレビに繋ぎました。やはり好みのいい音、しかしながら、テレビの横には「木製の古いスピーカーが似合わない」と言われ、またもや押し入れ行きに、今年になって新しいパソコンに変えたのを期に、三代前の古いパソコン(Vista)に繋ぎました。
PCオーディオ(その1)のように繋いで聞くと、やはり懐かしい好みのいい音。
b0337889_15272281.jpg
b0337889_15272752.jpg
上写真、Dynaco(A-25X)スピーカーと、裏面スピーカーの内容が張ってありますよ。

DENONのアンプとFOSTEXのDACとの相性が良いのでしょうね、切れの良いしっかりした低音、澄んでいて伸びやかな中高音、レコードで聞いていた時の懐かしいいい音が出ています。
曲によっては、中島みゆきさんの息遣いも聞こえてきますよ。感動!!
そろそろ新しいスピーカーが欲しくなってはいるのですが、テレビの横に置いたスピーカーセットが、あまりにも頼りない音でがっかり、Dynaco(A-25X)のような音を探すのに躊躇している、今日この頃です。

[PR]

# by he-hitorigoto | 2016-09-07 16:41 | PCオーディオの話